ロボットは働き、人は遊んで…新世界の『楽園』が来る

크게작게

매일종교신문 2019-05-13

 

 

『人間がお金の奴隷から脱出できるようにする偉大な解放に参加しなさい』

 

韓国のラエリアン・ムーブメント(代表 チョン・ユンピョ)が51日、第8世界楽園主義(Paradism)の日を控えて428日午後2時からソウル弘益(ホンイク)大学ファッションの街で『すべての労働を機械に任せることで、人間をお金の奴隷から脱出できるようにする偉大な解放に参加しなさい!』というキャッチフレーズを掲げて、異色なパフォーマンスを繰り広げた。

 

国際ラエリアン・ムーブメント創始者‘ラエル’が初めて唱えた『楽園主義(Paradism/ http://paradism.org)』は労働とお金が消えて真の楽園を成す新しい社会体制だ。

 

 「労働とお金の束縛から私たちを解放してくれる技術は準備されている。『AI(人工知能)』技術の急進展から分かるように韓国の機械は歩き、話す方法を習得したし、今では理解する能力を備え始めた。それらの機械は、人間の生存と成就のために必要なすべての活動で人間に代わる準備ができている」という。

 

したがって、誰でも生存のために労働したり、他人にサービスする必要はないと主張する。『機械は扱いやすく献身的な使用人として、社会全体の適切な機能のために必要なことをするようなプログラムになる』とし、『その機械は地球に加えられたすべての損傷を復旧して生態系の回復と人間の幸福に積極的に貢献することになるだろう』と明らかにする。

 

すべてのことをロボットに任せれば、お金は必要なくなり、すべての人々は必要なように便宜施設、健康管理および余暇を無償で提供してもらうことができるというのだ。

 

預言者ラエルは「今私たちが持っている技術水準を考えると貧困に処する理由はない」と話す。彼は「もしロボットがすべての労働をして、そのロボットが生産した豊かさを私たち皆が共有するなら、人類を労働とお金の奴隷状態から脱することができる」と断言する。

(翻訳:SAORI記者)

기사입력 : 2019-05-13

트위터 페이스북 카카오톡 카카오스토리 band naver URL복사
뒤로가기 홈으로

가장 많이 읽은 기사

URL 복사
x

PC버전

Copyright ⓒ 매일종교신문. All rights reserved.