ユダヤ人の大富豪ロスチャイルド家の遺言、一生の最後の願い

크게작게

매일종교신문 2019-05-15

 

 

 

『… あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。』(マタイによる福音書281920説)

 

ユダヤ人の富豪ロスチャイルド(Rothschild)の始祖マイアー・アムシェル・ロスチャイルド(17441812919日)は、フランクフルトの貧窮で汚れたユダヤ人の町ゲットーで出生し、雑貨屋古物商を始め、ロスチャイルド銀行を創設した。その後、彼の五人の息子に各自もっと広い世の中に出て行いかせ、事業を広げた。彼は非凡な才能と不屈の意志の血の滲むような努力で、200年が過ぎた今日も、ダイヤモンドと金、ウラン、ワインとデパートやレジャー、国際金融など、世界のいたるところに多国籍の巨大事業を展開してきた。アムシェルはフランクフルト、ヘッセンの領主ヴィルヘルム9世との縁を大切だと考えて、目の前の小さな利益よりもっと大きな有益を考え、さらに先のことを見て、大きな考えをもつ巨人だった。

 

ヴィルヘルム伯爵がナポレオン軍に追われている時、彼が焦ってゲットーのマイアー・アムシェルの家を訪れ、自分の財産宝物や重要書類を隠してほしいと頼んで逃げて行った。アンセルは、彼の財産は地に埋めて、本来の自分の財産は埋めなかった。ところが、まもなく押し寄せたナポレオン軍はアムシェルの資産をすべて手にしたが、ヴィルヘルムの財産は無事だった。アムシェルはこの財産を活用して財産を増やしていった。後日、ヴィルヘルムが戻ってきた時、アムシェルはこれまでの経緯を説明し、利子を計算して返すと提案すると、ヴィルヘルムはいざ自分の財産は全部奪われながらも自分の財産を守ってくれたアムシェルにむしろ感謝し、彼にとても良い条件でお金を貸してくれた。

 

アムシェルはこれを基盤に、着実に事業の基盤を拡張していった。アムシェルは五人の息子と五人の娘を授かった。長男はドイツで、次男はオーストリアのウィーンで、三男はロンドンで、四男はナポリで、末っ子の五男はパリでそれぞれ事業を繰り広げていった。

 

父親のマイアー·アムシェルは機会あるたびに息子に『共同体意識』と『結束』を強調した。アムシェルはBC6世紀スキタイ王のエピソードを聞かせたりした。

 

カスピ海の東部一帯に強力な国家を建設したこの王は、臨終を目前に息子たちを呼び集め、一つの矢の束を差し出しながら、「一人ずつ、この束を曲げてみろ」と言った。しかし、誰も折ることができなかった。すると、父は矢の束から矢を一本ずつ渡しながら折ってみろと言った。今回は皆が軽く折った。父は「おまえたちが共同体意識を持って結束しているときは、その力は強力だが散れば繁栄は終わるだろう」と言った。

 

マイアー·アムシェルは息子に繰り返し、繰り返し結束の重要性を強調した。息子たちは、この命令を今日までもよく守ってきている。彼らはナポレオン戦争と世界第一・二次世界大戦を活用し、事業を拡張していった。

 

ロスチャイルドはディズレーリ、ビスマルク、チャーチル、ドゴールを後援して、政治、経済界で強大な影響力を行使してイスラエル建国を実質的主導する壮大なドラマを繰り広げた。

 

アムシェルは66歳を一期に生涯を終えるまで、フランクフルトのゲットーを離れなかった。彼の未亡人も99歳までゲットーで生活しながら生涯を終えた。

 

マイアー・アムシェルは息子に生活の知恵、経営のノウハウを伝授しながら、かつての幼かった時代を忘れないようにと言い『誰でもできることは私もできる。成功とは、ライバルよりもっと努力することだ。易地思之で常に新しい事業と市場を見つけ出し、細心の注意で失敗しないようにしなさい。地位相応の教養で武装し、分別力がない人を近づけるな』ということも忘れず、2人の息子が見守る中息を引き取った。ロスチャイルド家のシンボルの 五つのエンブレムの矢は息子五人を象徴する。

 

 

▲ ロスチャイルド家のシンボルのエンブレム  ⓒ毎日宗教新聞

 

 

 

聖書にある言いつけ、最後の願いの例を挙げてみると、創世記49133節には、ヤコブが彼の12人の息子たちに一つの最後の願い、懇切な彼の願いの言葉もあり、創世記501925節では、ヨセフが彼の子孫たちに後にエジプトを離れる時、あなたたちは私の遺骨を一緒に持って行きカナンの先祖の墓に埋めてほしいと頼み、懇切に願う言葉である。ダビデ王が息子のソロモンに願った言葉が列王記上219節でも確認することができる。イエスが捕まった日の夜、マルコの家の二階の広間で弟子たちの足を洗ってパンと杯を持って弟子たちに与えながら『このパンは十字架でお前たちのために裂けられた私の肉であり、この杯はこの時流した私の血』とし、『私が再び来る時まで守って記念しなさい』という願いの言葉も、イエスが十字架にかけられた時、下から上を見上げて悲しむマリアと弟子ヨハネをかわるがわる見ながら強く願う言葉もある。

 

また、1910326日、安重根義士がお兄さんの最後の瞬間を目前に旅順監獄に訪ねて行き、二人の弟チョングンとコングンに『お前たちは私の分まで尽くして母、チョ・マリア(趙 姓女)によく仕えてくれ!』と願う言葉は人生最後にお願いする最後の言葉である。この言葉は、自分のアイデンティティを確認し、守らなければならない義務である。

 

(翻訳:SAORI記者)


 


기사입력 : 2019-05-15

트위터 페이스북 카카오톡 카카오스토리 band naver URL복사
뒤로가기 홈으로

가장 많이 읽은 기사

URL 복사
x

PC버전

Copyright ⓒ 매일종교신문. All rights reserved.