清州 韓氏始祖の韓蘭先生のカバーストーリー『毎日宗教新聞ニュースクリップ』発売

크게작게

매일종교신문 2019-08-16

 

本貫の清州と始祖の出生地、黄澗などの踏査・取材、古朝鮮以前の根源まで整理

 

排出人物-王妃13人、韓石峯(ハン・ソクポン)・ 韓明澮(ハン・ミョンフェ)・ 韓龍雲(ハン・ヨンウン)、韓明淑(ハン・ミョンスク)・韓悳洙(ハン・ドクス)・韓昇洲(ハン・スンジュ) 前国務総理はじめ

宗教界で国際的な活動で注目されている韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁を大きく取り上げる

 

清州(チョンジュ) 韓(ハン)氏の始祖 威襄公(ウィヤンコン)韓蘭(ハンラン)先生(900年前後)をカバーストーリーで取り上げた毎日宗教新聞ニュースクリップ韓国語版100号が15日に発売されている。

 

カバーストーリー“清州 韓氏の始祖である威襄公 韓蘭先生は、清州 韓氏の本貫 清州と始祖の出生地である黄澗など、文中の聖地を踏査・取材し、既存の文献史料などをもとに深く整理した。特に昔から韓国の名字の中で最高の歴史を持つ三韓甲族と呼ばれた清州 韓氏の根源を古朝鮮時代以前にさかのぼって整理し、関心を集めている。

 

韓蘭先生の出生説話などをはじめ高麗建国と三韓統一への勲功まで詳しく記録してある。

 

清州 韓氏が輩出した人物たちも関心を引く。

 

高麗朝と朝鮮王朝に11人の韓(ハン)氏の王妃が現れており、明の国の皇帝妃も2人を輩出したと明らかにしている。王妃のほかにも清州 韓氏は文科及第者315人、相臣12人、功臣24人、大提学1人、 駙馬4人を輩出した。

 

カバーストーリーでは朝鮮時代の書道家 韓石峯(15431605)、外交が韓明澮(14151487)、僧侶詩人 韓龍雲(18791944)などの歴史的な人物と韓明淑、韓悳洙、韓昇洲など37代から39代までの国務総理歴任者らを清州 韓氏の門中で紹介しておいた。

 

特に『毎日宗教ニュースクリップ』は宗教新聞にふさわしく記事末に国際的活動として注目されている韓鶴子世界平和女性連合総裁を重点的に扱った。韓鶴子総裁は清川江流域の安州で生まれ、今日、京畿道清平を中心として五大洋六大州を一つにした国、別名“天一国創国”を主唱している。文選明・韓学者総裁夫妻の世界的運動は、真の愛の価値を中心にした真の家庭の価値と原理に基づき“神様の下、人類一家族”の平和統一の実現を標榜することで広く知られている。文総裁は生前に妻の韓鶴子総裁の門中である韓氏の本貫“清州”を名指しし、“最も清い人が住む村”すなわち“純粋な本性の道理を標ぼうする清明な人々の故郷”と賛辞し、清心という言葉に集約した。

 

一方、『毎日宗教新聞ニュースクリップ韓国語版』100号には‘老人特集’‘多文化社会’など特集記事をはじめ、国内外の宗教イシュー、文化コラムを取り上げた。韓国語版 1部 5,000ウォン。購読問い合わせ+822-703-8267

 

※ 日本語版も販売予定、1部 600円。 

 

(翻訳:SAORI記者)

 

기사입력 : 2019-08-16

트위터 페이스북 카카오톡 카카오스토리 band naver URL복사
뒤로가기 홈으로

가장 많이 읽은 기사

URL 복사
x

PC버전

Copyright ⓒ 매일종교신문. All rights reserved.